8/02/2018

kawa rivers of Edo

[ . BACK to DARUMA MUSEUM TOP . ]
. Famous Places and Powerspots of Edo 江戸の名所 .
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

kawa 江戸の川 / 江戸の河 the rivers of Edo


That map describes four river basins:
Tonegawa 利根川 (Tone River)
Arakawa River 荒川
Tamagawa 多摩川 / 玉川 (Tama River)
Sagamigawa 相模川 (Sagami River)


. Waterways in Edo .

..............................................................................................................................................

Arakawa 荒川
The river is 173 km long and flows through Saitama Prefecture and Tokyo.
- - - More in the WIKIPEDIA !

. Edogawa 江戸川 .

. Furuishibagawa 古石場川 .
- and 平久川 Heikyugawa

. Furukawa 古川 (渋谷川 Shibuyagawa) .

. Hamachogawa 浜町川 . - Chuo ward

. Hikifunegawa 曳舟川 .
- and Kasai Yōsui 葛西用水 the Kasai Waterway

. Igusagawa 井草川 .

. Kaedegawa 楓川 . - Chuo

. Kandagawa 神田川 .

Megurogawa 目黒川
The Meguro River
The river is 7.82 km in length and passes through Setagaya, Meguro and Shinagawa wards.
- - - More in the WIKIPEDIA !

. Miyatogawa 宮戸川 .

. Myooshoojigawa, Myōshōjigawa 妙正寺川 Myoshojigawa .

. Nakagawa 中川 Naka-gawa, Naka River .

Nihonbashigawa 日本橋川
The Nihonbashi River
The river is 4.8 km in length and passes through Chiyoda and Chuo wards.
- - - More in the WIKIPEDIA !

. Ooyokogawa 大横川 Oyokogawa . - Sumida

. Otonashigawa 音無川 .

. Ryukangawa 竜閑川 .

. Shakujiigawa 石神井川 .

. Shibuyagawa 渋谷川 (Ondengawa 隠田川) .

. Sumidagawa 隅田川 .

Tamagawa 多摩川 / 玉川 River Tama
. Tamagawa Joosui 多摩川上水 Tamagawa Josui Kanal .

. Tatekawa 竪川 and Yokokawa 横川 - vertical and horizontal canal .

. Tonegawa 利根川 / Bandō Tarō 坂東太郎 Bando Taro .


..............................................................................................................................................




江戸の川・復活 ― 日本橋川・神田川・隅田川 - 絵図から学ぶ
渡部一二 Watabe Kazuji (1938 - )

本書の主題「江戸の川を復活する」舞台となるのは日本橋川です。日本橋川は、東京都千代田区三崎町で神田川と分岐し、中央区日本橋箱崎町で隅田川に合流する延長約4キロメートルの河川であり、川の上空には現在首都高速道路が通っています。2006年9月には「日本橋川に空を取り戻す会」により、小泉首相(当時)へ首都高速道路を地下化し河川の環境整備を行うという提言がなされるなど、日本橋川への注目が集まっています。
著者である渡部一二先生はランドスケープデザインの専門家で、これまで日本全国のいたるところで数々の河川再生に取り組んできました。景観の改善を第一とする首都高速道路の地下化には、膨大な費用がかかり、その他にも難題が山積しています。著者は江戸の川の水辺空間を描いた浮世絵図などを手掛かりに、現状のままでも江戸の面影を体感し、楽しめる水辺空間づくりの可能性に注目しました。日本橋川・神田川・隅田川はループ状につながっており、そこを回遊する舟のルートを構築し、川沿いには散歩道(リバーウォーク)をつくり、その一部に江戸時代に賑わった河岸を再現するというものです。そして、江戸の文化・風物詩・情緒などを参加者がそれぞれに楽しむ体感型野外博物館(エコ・ミュージアムの応用)について具体的に提案しています。
一般の読者を対象とするため、第一部では、浮世絵図などを数多く掲載し、江戸の水辺空間の魅力を解説します。また、日本橋川に架かるすべての橋についても写真とともに紹介しています。第二部では、体感型野外博物館の実現にむけた具体的な構想について述べています。また、巻末には絵図が描かれた江戸時代をイメージできるように「日本橋川・江戸の面影まっぷ」を付録としてつけました。案内まっぷを切りとって、日本橋川の水辺空間を歩いてみてはいかがでしょうか。

.......................................................................


江戸の川あるき - Walking along the rivers of Edo
栗田彰 Kurita Akira

江戸は埋立ての人工のまち。暮らしの移り変りとともに、川はつくられ、渡しが橋になり道路となって、やがて消えていった。
gesuido 下水道の専門家が江戸のまぼろしの川を探し求めて東京をあるく。江戸情緒たっぷりのイラストマップ付き。

.......................................................................



. Ochiai Water Reclamation Center 落合下水道局 Gesuido Kyoku .

.......................................................................


江戸の川・東京の川
鈴木理生 Suzuki Masao (1926 - 2015)



.......................................................................

Turbulent Streams: An Environmental History of Japan’s Rivers, 1600–1930
Roderick L. Wilson
In Turbulent Streams: An Environmental History of Japan’s Rivers, 1600–1930, Roderick I. Wilson describes how the rivers of Japan are both hydrologically and historically dynamic.
Today, these waterways are slowed, channeled, diverted, and dammed by a myriad of levees, multiton concrete tetrapods, and massive multipurpose dams. In part, this intensive engineering arises from the waterways falling great elevations over short distances, flowing over unstable rock and soil, and receiving large quantities of precipitation during monsoons and typhoons.
But this modern river regime is also the product of a history that narrowed both these waterways and people’s diverse interactions with them in the name of flood control. Neither a story of technological progress nor environmental decline, this history introduces the concept of environmental relations as a category of historical analysis both to explore these fluvial interactions and reveal underappreciated dimensions of Japanese history.
- source : brill.com/view/title... -

.......................................................................



江戸の川風 Edo no Kawakaze
羽山信樹 Hayama Nobuki (1944 - 1997)

天皇の料理人と将軍の料理人! Cooks for the Tenno
壮大なスケールと江戸前の枠、待望久しい未完の秀作。
縄田一男スペシャル解説付。
日本料理の源流である四条流からは、高橋家、石井家の2派があり、四条流包丁の総元締は、高橋家がつとめ、形式上、石井家は高橋家に入門し包丁式の免許を得るかたちとなっている。そして高橋家は天皇の料理番を、石井家は将軍家の料理頭取をつとめていた。
一見、羽山信樹作品初の市井ものと見紛う本書の真のテーマは、食文化を介した皇室と幕閣の抗争である。(略)
1人の男、早咲屋圭次郎を江戸へ送った。鮨屋の圭次郎に託された密命は――?(解説より

..............................................................................................................................................

. The 御菜八ケ浦 eight special inlays with fishing rights in Edo Bay .

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



- - - To join me on facebook, click the image !

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

. hori 堀 moat and districts with this name .

. Edo bakufu 江戸幕府 The Edo Government .

. Famous Places and Powerspots of Edo 江戸の名所 .

. Doing Business in Edo - 商売 - Introduction .

. shokunin 職人 craftsman, craftsmen, artisan, Handwerker .

. senryu, senryū 川柳 Senryu poems in Edo .

. Japanese Architecture - The Japanese Home .

. Interior Design - The Japanese Home .

. Legends and Tales from Japan 伝説 - Introduction .


[ . BACK to DARUMA MUSEUM TOP . ]
[ . BACK to WORLDKIGO . TOP . ]
- - - - - #kawa #river #rivers - - - -
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

No comments: